Loading...
経済破綻状態にあった1970年代のイギリス。市民が抱いていた不安と不満は、第二次世界大戦後に増加した移民たちへ転嫁されていった。街は暴力であふれかえり、黒人やアジア人が襲われた。そのなかで、レッド・ソーンダズを中心に数人の仲間たちで発足された“ロック・アゲインスト・レイシズム” 略称RARは、人種や生まれによる差別の撤廃を主張し、雑誌を自費出版して抗議活動を始める。RARの発信するメッセージはやがてザ・クラッシュをはじめ、トム・ロビンソン、スティール・パルス等の音楽と結びつき、支持されていく。
1978年4月30日、RARが決行した約10万人による大規模なデモ行進と、その終着地での音楽フェスは市民が一つになった瞬間であり、観る者の心を揺さぶる。監督はBBCでドキュメンタリー番組を手掛けてきたルビカ・シャー。彼女自身もアジア系移民の家族に生まれ、両親が直面した人種差別について聞き興味を抱いた事で製作を決意。わずかな若者たちから始まり、時代を動かす程の運動へと拡がった若者たちの闘いに、当時の貴重なアーカイブと本人たちへのインタビュー、彼らに賛同したアーティストたちの圧巻のパフォーマンスで迫る。
RARはどんな差別と闘っていたのか。ザ・クラッシュとジミー・パーシーが共に「白い暴動」を歌った意味とは。今知っても遅くない。音楽は無力ではない。
荒野政寿
CROSSBEAT
不寛容な時代になりつつある今、人種を越えてNFと対抗するために、UKレゲエとパンクを結びつけたRARの活動を改めて辿ってみたい。監督が、イランとパキスタンにルーツがある若いイギリス人女性というのも素敵だ。
石田昌隆
フォトグラファー
70年代後半、アナーキーな英国でロンドンは燃えていた。
もがきのたうつ時代のウエーブの渦中で巻き起こったRARのアンチ・ヘイトなムーブメントをストリートな感覚と目線で描いたこの映画に今もビンビンに反応する自分がいる。
大貫憲章 / KENSHO ONUKI
音楽評論家/DJ
1979年の英国が、今の日本の状況とあまりに酷似していることに気付いて背筋が寒くなる。
排外主義とレイシズム、極右の台頭という40年前の英国と同じ現実が、今我々を取り巻いている。
この映画の闘争はいまだ終わっていないし、我々にも身近な現実だと思い知らされる。それが本作の最大のポイントだ。
面白いか面白くないかと言えば、文句なく面白い。だがこれは「面白いから見た方がいい」じゃなく「今見なきゃいけない」映画だ。
小野島大
音楽評論家
1970年代のイギリスに、ここまでの生々しいレイシズムが吹き荒れていたことにまずは驚き、それからRARが勇敢に「奴らに中指を突き立てる」姿に勇気をもらえるでしょう。それは、現代日本でも必要とされている勇気です。
河野真太郎
専修大学教授/イギリス文学・文化
人種差別という問題に音楽をもって対抗する-「分断」の試みに対していかに「連帯」を作り出し広げていくか。イギリスを超えて現在にも通ずる問題のヒントが、この映画にはある。
近藤康史
名古屋大学大学院法学研究科教授/イギリス政治研究
ああ!この場に居たかった。真の平和を求める暴動を起こさざるを得なかった状況の中、音楽のパワーでワンネスへの勇気が爆発した!あの頃わたしが体験したロンドンの熱気がここにある。
Sandii/サンディー
シンガー/ウニキ・クムフラ(Sandii’s Hula Studio主宰)
僕はこの70年代後半のイギリスに住んでた。家の近くにNFがスプレーペイントされた時、大人にその意味を聞いたら「悪い人達よ」と教えてくれた。彼女の表情は今も覚えてる。憎しみに立ち向かえ!
ジョージ・ウィリアムズ
ラジオDJ
15年イギリスに住み、UK低音音楽から多大なる影響を受けた者として、この物語の延長線上にある現在の差別やレベル・ミュージックにまで繋がるリアル。声をあげる事が嘲笑われがちな今、我々の背中を押してくれる映画である。
Taigen Kawabe
Bo Ningen/Ill Japonia
40年も昔…ではなくわずか40年前にも民衆の権力に異議を唱える闘いがあった!
音楽と政治の融合。大義のためエゴを捨てるパンクスに刮目せよ!
今この映画が作られ、我々が目撃することに未来を生きるヒントがある‼️
田口トモロヲ
俳優/映画監督
俺も暴動に参加したかった!
豊田利晃
映画監督
何故ロックは立ち上がらなければならなかったのか、
何故ザ・クラッシュはラブソングを歌わなかったのか、その答がここにある。
クラッシュを語るにはこの映画は必須だ。
野中規雄
元EPICソニー、クラッシュ担当ディレクター
移民差別に対して当事者意識を持った個人が集まったこの話は40年前ですが、 まさに現在世界各地で起きていることへの示唆に富んでいます。 今後の日本にとっても決して他人事ではありません。音楽の力で人の心をポジティヴな方向に動かしたいい例です。
ピーター・バラカン
ブロードキャスター
ザ・クラッシュは宇宙規模で最も美しいロックンロール・バンドだが、その美しさの要因がこの映画に刻まれている。同時に、醜い人たちの振る舞いがいつの世もただただ醜いことも。
安田謙一
ロック漫筆
あの頃はちゃんと理解していなかった、1970年代のイギリスで起こったR A R(ロック・アゲンスト・レイシズム)の運動。でもまさに、今の二極化する世界、そして日本にこそ必要な警告と真実と音楽が、この映画にはあるのだ。
湯川れい子
音楽評論・作詞
人は憎み合い戦う。音楽は混じり合い響く。
人は格差を作り差別もする。音楽は心を繋ぎ未来を作る。
渡辺俊美
TOKYO No,1 SOUL SET / THE ZOOT16 / 猪苗代湖ズ
表記はアイウエオ順